ユーロ圏の国際収支に関して

ギリシャ首相、ユーロ圏共同債券発行構想への支持求める

[アテネ 31日 ロイター] ギリシャのパパンドレウ首相は、ユーロ圏の共同債券発行構想について、高い借り入れコストへの対処に役立つとの見方を示し、ギリシャ政府としてこの構想に対する支持を求めていると表明した。  ユーロ圏共同債券発行構想をめぐっては、ドイツが強く反発する一方、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の議長を務めるルクセンブルクのユンケル首相など一部の当局者は財政統合の手段として支持している。

問合せ先に関して

このサイトに関する情報やそのほかのお問い合わせに関してはshsbxbx@gmail.comまでお願いします。通常1週間以内二でご返信をさせていただきます。またいただいたその内容によってはお答できない場合もございます。

今晩の外国為替市場(FX)では本日の海外市場では、シカゴ購買部協会景気指数(PMI)が発表される。直近3ヶ月連続で改善が続いてきた同指標であるが、今回の予想は61.0と前回の62.5よりやや弱め、改善傾向も一服となっている。予想外に前回よりも強い数字となるようだと、ドルの買い戻しにつながる可能性も。また、60を割り込むような弱めの数字なった場合は逆に売りが加速する可能性がある。尚この指標はシカゴ購買部協会の有料会員向けに正式な発表時刻の3分前に数字が公表されるため発表直前の動きにも要注意である。